トップ >> 自分の葬儀への希望とは

葬儀の際に慌てないために

葬儀をしなければならない状況というのは予兆がない場合も多く、突然訪れてしまうものです。日頃から付き合いのある方が亡くなったり、家族が旅立ってしまった場合には、とくに気が動転してしまうもの。しかし、そういった緊急時にもしっかりと慌てずに強い気持ちを持って葬儀を実行することが、供養にもつながることもあります。終始慌ただしくならないように日頃から備えをしておき、やるべきことを備えておけば確実ではないでしょうか。

葬儀の流れとマナー情報