トップ >> 葬儀の進行と追悼について

お葬式の準備と当日の進行

お通夜の次は、お葬式になります。お供え物や生花などについて葬儀社と打ち合わせをします。進行中の役割を確認し、受付の準備を行います。式が始まると僧侶の読経と弔辞・弔電の奉読、そして一般参列者による焼香と続いていきます。ここでのマナーや作法については、宗派によって違いがあります。故人とのお別れをし、出棺となります。ここで一同は火葬場へ向かいます。火葬が済んだのち、係員に従い骨あげをしていきます。骨あげとは箸で故人の骨を遺骨箱に収容していくことです。自宅や斎場に戻り、喪主から葬儀の御礼を申し上げて解散となります。

葬儀の追悼法要について

葬儀が終わったのち、形式の上では七日ごとに追悼法要が行われます。仏教では亡くなってから七日ごとに閻魔の裁きが行われ、最終的に極楽浄土へ行けるかどうかの決定が四十九日に下されるとされているからです。しかし、忙しい世の中になり親族一同が何度も集うのも都合がつかないため、初七日を葬儀の当日に行うといった略式が主流になってきています。四十九日には「忌明け」とされ、位牌を仏壇に納め、納骨をするケースが多いです。その後は一周忌、三回忌で親族が集まり、次の七回忌からは法要の規模を縮小していくのが一般的な流れです。

葬儀の流れとマナー情報