葬儀の流れとその知識

人の寿命がいつまでなのかわからないために、葬儀もいつ行わなければならなくなるのか予想のつかないものになります。いつその時が来ても慌てないように、事前に流れを調べておけば安心です。結婚式などとは違い、その日に全ての行程が終わるわけではないのがポイントです。法要・告別式が最も重要ですが、その後も初七日、一周忌、三回忌…と続いていきます。それぞれの違い、式の内容についてあらかじめ知識をつけておいた方が当日になってもあたふたすることがありません。葬儀のそれぞれおひとつひとつについて、これから勉強していきましょう。

お亡くなりからお通夜まで

身近な方がお亡くなりになった場合、まずは医師によって死亡の確認がされ、次に死亡診断書が作成されます。そして親族などにお通夜・葬儀のお知らせを行います。次に喪主を決定します。一般的には配偶者や長男が執り行います。そして依頼する会社を選び、遺体の搬送を病院にしてもらいます。それから、お寺などと相談して日程を決め、退院手続き、納棺、枕経…と順々に進行していきます。葬儀のお通夜では、役割を分担しておきましょう。受付、接待、駐車場係などが挙げられます。受付を終え、僧侶の読経があり、その晩はずっと、親族と交替して線香の火を絶やさないようにします。

新着情報

2016-10-20 東大阪の葬儀の詳細はが更新されました。
2016-05-09 家族葬のいいところが追加されました。
2016-05-06 葬儀の準備も必要が更新されました。
2014-11-17 立派な会館の箕面聖苑が更新されました。
2014-10-23 バランスの良い霊園が更新されました。

葬儀の流れとマナー情報


過去の情報一覧